そもそも債務整理って?

過払い金請求をする前に知っておきたい事

債務整理…自分には関係ない話だと思いつつ、毎月の借金の返済に追われて頭の片隅に債務整理をした方が良いんじゃないかと考えている人は多いのではないでしょうか?

債務整理とは借金を減額したり無くしたりする方法だということを知っている人は多いかと思います。 その通りで、債務整理は借金の返済に苦しんでいる人を法的に救済しようという借金問題解決の方法です。

債務整理には4つの方法があり、1つ目には過払金請求があります。過払金請求はCMでもよく見かけるワードですよね。 これは払いすぎた借金を返してもらう方法です。 支払い終わった人はもちろん、今現在返済中の人でも今まで払いすぎた借金を返してもらうことで残りの借金を相殺できたり、減額できたりします。 2つ目は任意整理です。 これは債権者と借金の減額や引き直し計算の交渉をすることで、毎月の返済額を減らすことができる方法です。 毎月の返済額が減るだけでもかなり負担が減り、精神的にも楽になることができます。 3つ目は民事再生(個人再生)です。 こちらも借金の減額交渉を債権者とする事には変わりはないのですが、マイホームなどの財産がある人がそれを残しながら借金を減らすことができる方法です。 家族のためにも自宅を手放したくないけれど、借金の返済もキツイからどうにかしたい…という人の為の方法です。 4つ目の自己破産は、借金の返済を全額免除してもらうことができる方法です。 一定額以上の財産は手放さなくてはいけませんが、借金地獄から抜け出すことができ、人生を再スタートすることができます。

債務整理をすることによるデメリット

債務整理はどの方法も借金に苦しんでいる人を救済する制度ではありますが、その制度を利用することによるデメリットも少なからずあります。 過払金返還請求に関してはデメリットはほとんどありません。 ただ、戻って来たお金で残りの借金が相殺できない場合は任意整理扱いとなってしまいます。 任意整理、民事再生、自己破産に共通するデメリットは、ブラックリストに掲載されるので数年間クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができません。 債務整理における大きなデメリットとしてはこの一点に尽きると言っても過言ではありません。 家族や職場にバレずに手続きをすることも可能ですし、手続きが終わったあとは今まで通り普通に生活することができます。 民事再生や自己破産をすると官報と呼ばれるものに自分の情報が掲載されますが、これを一般の人が見ることはほとんど無いので気に病む必要はありません。

債務整理後の生活について

債務整理が終わった後は、上にも書いた通り今までと変わらない生活をすることができます。 むしろ借金が減ったり無くなったりするので、今まで以上の生活ができるのではないでしょうか。 もちろん今まで以上とは、今まで以上に自由に使えるお金が増えるから好き放題使って良いという意味ではありません。 クレジットカードやローンを利用できない分少し不便になることもあるかもしれませんが、むしろ現金でしっかり生活するクセを付けることができるので自分の為になりますし、将来の見通しを立てることができます。 自己破産をすると社会的に終わりだというイメージが定着していますが、社会から追い出される訳でもありません。 どの債務整理の方法を取っても、借金のことばかり考えなくてはいけない生活から解放されることができます。 今まで通り誰にも相談できずに借金を返済し続けていても、いつ返済が終わるかの見通しも立たないのであれば、借金の元本はいつまで経っても減りませんし、利息だけを返している状態が続きます。 また、借金を返済する為にまた借金を繰り返すということにも陥ってしまいがちです。 もちろん家族や知人に相談して借金問題を解決できればそれが一番かもしれませんが、迷惑を掛けてしまいますよね。 ですから、一日でも早く借金地獄から抜け出すには、専門家の指導のもと債務整理をすることが一番自分にとって良い手段ではないでしょうか?

債務整理に最適な専門家とは?

債務整理は自分で全て手続きをしようと思えばできなくもないですが、一般人にはなかなか骨の折れる手続きです。 集めなくてはいけない書類も沢山ありますし、自分で直接債権者と交渉もしなくてはなりません。また、裁判所にも自分で行く必要があります。 法律に関して詳しくない人が自分一人で手続きしようとするのはかなり大変なので、債務整理をするには弁護士や司法書士の力を借りることが必須です。 弁護士や司法書士は法律の専門家ですし、私たちに代わって様々な手続きを進めてくれるので、仕事やプライベートで忙しくても債務整理を進めていくことができます。 ただ、法律の専門家とはいえ、弁護士や司法書士にも得意・不得意分野があります。 離婚問題が得意だったり、刑事事件が得意だったりとそれぞれに得意分野はあるので、今まで債務整理をほとんど扱ってこなかった弁護士や司法書士に依頼するのは、いくら専門家とは言えスムーズに手続きを進められるのかというと疑問が残る部分ではあります。 悩みを解決するには、出来るだけその事で悩んだ経験のある人やその悩みについての知識が深い人に相談したいと思いますよね。 ですから、債務整理を依頼する時はその経験が豊富であったり、知識が豊富な弁護士もしくは司法書士に依頼するのをおすすめします。

どうやって債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶ?

最近はネット上でその情報に関して検索する人が多いので、弁護士や司法書士も公式ホームページを用意しているところが増えています。 ホームページを見ると債務整理の実績数や得意分野を書いていたりするので、そういったところを参考にして選んでみるのも良いでしょう。 また、無料相談をした時に債務整理についてわかりやすく説明してくれたか、スムーズな対応をしてくれたかというところからも、債務整理に強いかどうかと判断することができます。 ただ、自分では探してはみたもののどこが良いかわからない、いくつもそうやって探すのは手間がかかる…という人は、以下のおすすめ事務所を参考にしてみてくださいね。